皆さんこんにちは。南大阪在住、ブログの管理人「カズ」です。九州の災害で被災された皆様の復興を祈念いたします。四国の愛媛、高知シリーズの2回目です。今年4月の初めに「私達の四国遍路行と思い出」という文章を6回に分けて掲載しましたが、この最後の旅行記を詳細に記載したものになります。(管理人注 http://blog.livedoor.jp/nihonmanyuuki-kazu/archives/cat_158199.html 私達の四国遍路行と思い出全6回をご覧下さい)なお、毎回、申しておりますが、父親が過去記録した旅行記を息子の私がブログという形で皆さんに公表しています。現在と状況が変わっている可能性があることをご了解ください。
スマホでブログをご覧になっている皆さんへ。本文のあとに旅行の行程表がありますが、それを見る際はスマホを横にしてご覧になって下さい。縦のままだとちゃんと表示されません。よろしくお願いします。

2008年7月15日(火) 中編

室津パーキングエリア及び淡路南サービスエリアで小休止。鳴門橋を渡って徳島県に入る。山沿いの道路を西進して、板野インターチェンジから県道1号線を経て、徳島自動車道藍住インターチェンジより高速に入る。日差しが強くなったのか、四国中央山地の山々は、上部が霞んで、稜線が殆ど見えない。渓の深そうな山の緑が左、右に続く。徳島道はその感じからして、山の中腹をつないで東、西に延びているようである。
吉野川サービスエリアで停車。川の流れに接してみたかったが、生憎、川までの距離があって無理だった。高速道から随所に吉野川を望むことは可能であるが、駐車スペースがなくて残念だった。
川之江ジャンクションから松山自動車道に入る。新居浜インターチェンジを過ぎる頃から、晴れ間はすっかり拡がって本格的な夏空を思わせる。石鎚山サービスエリアで昼食。ブッカケうどんを注文した。11時前で少々早かったが、早朝の出発で空腹だった。鬱蒼とした樹木帯の奥深く、遙かに石鎚山の霊峰が望める。間違いなく特徴のある剣先のようだ。
松山を過ぎて高速道は南下する。以前、訪れた際は高速終点は、伊予インターチェンジだった。国道56号線を利用して、内子町、大洲市、宇和町、宇和島市へ進んだのであるが、現在、松山道は西予宇和インターチェンジまで延びている。通行量の少ないこの道路は、とても走行しやすいが、国道56号線の古い街並とは縁が無くて物足りないと思う。
西予宇和インターチェンジ到着は、12時11分、走行距離は433.7㎞だった。これより、すぐの交差点を県道29号線に入る。思ったより広い道路である。歯長峠口バス停から表示板通り県道31号線に入る。左、右へ急なカーブを繰り返しながら歯長峠を越すのである。歩き遍路の人達には、相当きつい山道かもしれない。峠はトンネルになっていた。山道といえども、広い巾の良く整備された道路である。西予宇和インターチェンジから約30分、私達は42番札所仏木寺に到着した。丁度、お遍路さんの団体がお詣りをすませて出発するところだった。県道に面した山門は楼造りの立派なものである。鐘楼も又風格のあるものだった。

 仏木寺
2-1

  仏木寺 楼造り鐘楼
2-2

  仏木寺 仁王門
2-3

2008年7月15日(火) 中編

場所              時間       メーター標示

室津パーキングエリア     7時05分    126.2㎞

淡路南サービスエリア  着  7時30分    164.5㎞

            発  7時35分

鳴門インターチェンジ

板野インターチェンジ

藍住インターチェンジ

吉野川サービスエリア  着  9時00分    253.6㎞

            発  9時16分

川之江ジャンクション

石鎚山サービスエリア 着  10時21分    333.1㎞

 昼食        発  11時02分

西予宇和インターチェンジ  12時11分    433.7㎞

県道29号線

歯長峰口

 県道31号線

歯長トンネル

仏木寺        着  12時41分    446.2㎞

           発  12時59分





会社経営となれば経費削減はとても大事です。
ETCカードを利用すると
休日、深夜割引30%
たとえば、1万円の利用だったら
3,000
円もおトク。
ETCカードがないと、
東京の首都高はチョイ乗りでも1,300
でもETCカード利用なら300円からの料金設定。
(距離に応じて、10円単位で加算)
これで最大1,000円も!
そして何よりETCカードなら小銭とおさらば。
料金所での一時停止もしなくていいから大変便利。
こんなにも便利なETCカードを
「なぜ作らないのか」と思うでしょうが
普通のETCカードは、クレジット審査が必要となり
誰にでも簡単には作れないのです。
特に、法人になるとさらに審査基準が厳しく、クレジット審査などは
難しいとよく聞きますよね。
高速情報協同組合の法人ETCカードは、独自審査で
発行しやすい!
しかも、申込書類・必要書類をポストに投函後
約3~4日でカード到着。(*不備がなければ)
頑張る新会社さん、個人事業主様の申し込みを
大歓迎とのこと!